VITAFOOD オフィシャルブログVITAFOOD オフィシャルブログ

①【飲む点滴】甘酒の美容・健康効果

皆様、こんにちは☆

VITAFOODで管理栄養士をしてます、西です。

7月も始まり気温も高くなり、梅雨明けが待ち遠しいですね。
私は雨の日をどう自分が楽しめるように持っていくか計画中です(笑)
皆様はどのように雨の日を楽しみますか?

①【飲む点滴】甘酒の美容・健康効果

今回のテーマは甘酒についてです。
甘酒は初詣や冬の行事のほか、ひな祭りなど特別なイベントで振る舞われることの多い飲み物です。
また、「飲む点滴」と呼ばれるくらい美容や健康にいいと言われています。

甘酒

しかし甘酒は、昔は夏によく飲まれていた飲み物なのです!今回は甘酒についてPart1とPart2に分けてご紹介します。Part1では①甘酒の歴史や②種類③甘酒の美容・健康効果を、Part2では④適切な飲み方⑤VITAFOODを使った甘酒の飲む美容液レシピをご紹介いたします!

1.甘酒の歴史ー初詣に配られる理由

起源は古墳時代。米麹を混ぜて60℃ぐらいの温度で保温し、一晩程度おくだけででき、一夜(ひとよ)酒とも呼ばれていました。栄養豊富な甘酒は体力回復に効果的ないわば「夏の栄養ドリンク」として、江戸時代から夏の風物詩とされていました。
甘酒は初詣の際に配られるので、冬のイメージがありますが、昔は疲労回復効果が期待されて夏バテ防止の飲み物として親しまれていたそうです。

甘酒が初詣の際に配られる理由
甘酒が初詣の際に配られる理由は2つあります。

甘酒

(1)お屠蘇(おとそ)の代わりに、甘酒を振る舞う
昔は、お正月にお屠蘇(おとそ)というものを飲む習慣があり縁起が良いとされていました。
お屠蘇(おとそ)とは、一年の、無病息災を願って頂くお酒の事を言います
しかし、お屠蘇は、薬味を浸しているので、苦味や薬草の香りなどもあり、またアルコールを含んでいて子供は飲めないので、代わりに体を温める作用や、保温持続効果がある甘酒を老若男女に振舞ったと言われています。

(2)米の収穫に感謝し、豊作を願って神社にお供えする
甘酒の原料は米麹で、お米からつくられており、お米農家の方が前年の収穫に感謝して、収穫した米で甘酒を作り、お正月に奉納していたことから、
作物の収穫に感謝し豊作を祈願する意味で初詣に振る舞うようになりました。

甘酒は、縁起ものなのですね、、、

2.甘酒の原料は2種類ある→全てが飲む点滴ではない?

甘酒には米麹を使用して作られる米麹甘酒と酒粕を使用して作られる酒粕甘酒の2つの種類が存在します
【米麹甘酒】

米麹甘酒

米+米麹の麹菌→発酵→完成。アルコールが含まれないのでお子さんや妊婦さん、授乳婦さんの方でも安心して飲むことができます。また、米が発酵して生成するブドウ糖が自然の甘みとなるので砂糖を添加しなくてもおいしく飲めます。

【酒粕甘酒】

酒粕甘酒

日本酒の搾りかす「酒粕」をお湯で溶き、砂糖を加えて作る甘酒です。アルコールと砂糖が含まれているので、アルコールが苦手な方、子供、妊産婦さん、授乳婦さん、ダイエット目的の方には不向きかもしれません。

→全てが飲む点滴ではない?
さて飲む点滴と言われているのはどちらでしょうか?

正解は米麹甘酒です!
酒粕甘酒は米麹ほどのブドウ糖は含まれていませんが、米麹で作った甘酒は、麹菌がデンプンを分解することで生まれるブドウ糖が豊富に含まれており、これが疲労回復に効果を発揮します。健康・美容効果を期待するなら米麹甘酒を選択するようにしましょう。
まとめると
米麹甘酒:アルコールを含まず、老若男女問わずだれでも飲める飲む点滴。美容健康効果が期待!
酒粕甘酒:アルコール分を含む。甘いものが好きな方、アルコール好きな方におススメです。

3.甘酒の6つの美容・健康効果

1)疲労回復、夏バテ防止

疲労回復、夏バテ防止

甘酒に含まれている麹菌が米のデンプンを分解してできる成分に点滴と同じ成分であるブドウ糖ビタミンB群ミネラル、必須アミノ酸等が豊富に含まれていて、疲労回復効果を発揮します。また、麹菌には栄養の消化吸収を助ける働きがあるので、効率よく栄養を吸収し、エネルギーに変換することができます。

2)美肌効果 アンチエイジング作用

美肌効果 アンチエイジング作用

期待成分:ビタミンB群、コウジ酸、GABA、フェラル酸
【ビタミンB2やB6、ナイアシンなどのビタミンB群】
たんぱく質の代謝を助ける作用があり、皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。
【コウジ酸】
酒に含まれるコウジ酸にはメラニンを生成する酵素の働きを抑える効果があり、そばかすやしみなどの予防にもなります。
【GABA】
精神を安定させるGABAは、ストレスによる肌荒れも抑えられます。 【フェルラ酸】
抗酸化物質も含むフェルラ酸は、細胞の新陳代謝を促して肌の老化も防いでくれます。

3)代謝アップ!ダイエット効果

代謝アップ!ダイエット効果

米麹甘酒に多く含まれる酵素のひとつ「リパーゼ」には、脂肪を分解してエネルギーに変える代謝機能を持ち、皮下脂肪および内臓脂肪も燃焼させるはたらきがあります。

4)便秘予防 整腸作用→免疫力UP

便秘予防 整腸作用→免疫力UP

米麹甘酒には、食物繊維とオリゴ糖が豊富に含まれています。
米麹の食物繊維は水溶性と不溶性が両方とも含まれていて、かつオリゴ糖も含まれるので、腸内の善玉菌のエサとなり腸内環境を整えます。さらに不溶性食物繊維は腸を刺激して排便を促します。加えて、“麹菌”も善玉菌のえさになってくれるので、免疫活動を活性化させて免疫力を高める効果もあります。酵素の働き・発酵食品が持つ整腸作用で、清潔な腸内環境を生成してくれます。

5)血圧を下げる

血圧を下げる

含有するGABA(γ-アミノ酪酸)が、血圧を下げる作用があります。GABAの生成にはビタミンB6も必要ですが米麹甘酒はビタミンB6を豊富に含むので効率よくGABAの効果を発揮できます。

5)熱中症予防に最適

熱中症予防に最適

厚生労働省によると、熱中症を予防するには100mlあたり40~80mgのナトリウムを含む飲み物が適しており、甘酒のナトリウム量は、100mlあたりおよそ60mg。ブドウ糖によりナトリウムの吸収をよくするので効率よく熱中症予防ができます。
特に、今年の夏もマスク生活で熱中症になりやすい状況が多いと思いますのでぜひ夏の熱中症対策&夏バテ防止にもおすすめです!

甘酒を飲んで美しくなりながら、夏を元気に快適に過ごしましょう♪

VITAFOOD OFFICIAL INSTAGRAMVITAFOOD OFFICIAL INSTAGRAM
OFFICIAL FACEBOOKOFFICIAL FACEBOOK
VITAFOOD OFFICIAL LINEVITAFOOD OFFICIAL LINE
VitamixVitamix
entrex.incentrex.inc
entre squareentre square

このページの先頭へ