VITAFOOD オフィシャルブログVITAFOOD オフィシャルブログ

②【飲む点滴】甘酒の美容・健康効果

皆様、こんにちは☆

VITAFOODで管理栄養士をしてます、西です。

米麹甘酒

Part1では、①甘酒の歴史②種類③美容健康効果について書きました。まだ見ていない方はぜひ【飲む点滴】甘酒の美容・健康効果 ~Part1~をご覧ください!
では、Part2では④甘酒飲み方⑤VITAFOOD×甘酒で「飲む美容液レシピ」について書きます!

4.甘酒の歴史ー初詣に配られる理由

・気になるカロリー、糖質は?

  • 【一般的な甘酒のカロリー】  100gあたり81kcal
  • 【一般的な甘酒の糖質】 100gあたり17.9g

(出典:日本食品標準成分表 2015年版

間食のエネルギー

②【飲む点滴】甘酒の美容・健康効果

出展)厚生労働省HP eヘルスネット情報提供 間食のエネルギー(カロリー)

この図を見るとスナック菓子などで同じカロリーを摂るなら、甘酒を間食に飲んできれいになれる方が嬉しいですよね。

・子供や妊婦さんも飲んでいいの?

アルコールを気にされる方が多いですが、米麹甘酒であれば問題ありません。
米麹を生成する過程ではアルコールが発生しないため、「酒」と名前についていてもノンアルコールなのです。
一方で、酒粕甘酒のはアルコールを含むため、注意が必要です!購入するときは、パッケージをよく確認しましょう。

・適切な量は?

甘酒は栄養補給に富んでいますが飲みすぎに注意です。糖分の過剰摂取を防ぐために1回量は、50~120ml(おちょこ1杯~コップ1杯分)程度が適量といわれています。

・飲む時間帯

甘酒は、飲む時間帯によっても期待できる効果が異なります。
【朝】甘酒に多く含まれるブドウ糖が脳をしっかり目覚めさせてくれます。これにより代謝がよくなるので、活力のある1日のスタートをきることができます。
【昼】ブドウ糖と糖の代謝を向上させるビタミンB1の相乗効果により、脳の働きが活発になり、集中力がアップ。仕事や勉強の休憩中に摂取するのがおすすめです。
【夜】1日の疲労回復。ストレスを緩和するGABAと、優しい甘みと香りが心を癒し、ホットにして飲むことで体を温めることで安眠効果が期待できます。

・適切な温度

甘酒を飲む時の温度は60度くらいがおすすめです。60度は、甘酒に含まれている酵素がも最も作用する温度で効率よく酵素が働いてくれます。

5.VITAFOOD×甘酒で飲む美容液レシピ

VITAFOODの苺を使った見た目もかわいい!飲んで美しくなる女子力アップの甘酒レシピをご紹介いたします♡

【苺の豆乳甘酒スムージー】

苺の豆乳甘酒スムージー

豆乳には女性ホルモンに似た役割をしてくれるイソフラボンを含み、女性の美しさ若々しさを手助けしてくれる働きがあります。苺を組み合わせることで豆乳と甘酒のクセがなくなり、甘酒も豆乳も苦手な方にも「美味しい!」と大好評です♡

◇材料(1〜2人分)

  • 苺(VITAFOODストロベリー) 60g
  • 米麹甘酒 120g
  • 豆乳 100ml

◇作り方

  1. 全ての材料をリスト順にコンテナに入れます。
  2. フタをして電源をONにし、スピードダイヤルを1~10まで徐々に上げ、運転モードをHIGHに切り替えます。
  3. 30秒〜1分間撹拌して完成です。

甘酒が飲む点滴と言われている理由がご理解いただけましたでしょうか。私もバテてしまいそうな時期は甘酒を活用し、美活しがら栄養補給をして乗り越えていきたいと思います!皆様もぜひ甘酒を試してみてくださいね!

VITAFOOD OFFICIAL INSTAGRAMVITAFOOD OFFICIAL INSTAGRAM
OFFICIAL FACEBOOKOFFICIAL FACEBOOK
VITAFOOD OFFICIAL LINEVITAFOOD OFFICIAL LINE
VitamixVitamix
entrex.incentrex.inc
entre squareentre square

このページの先頭へ